Affigen

Black Beret Life Sciences, LLC

Affigen

Affigen(アフィジェン)は、白血病やリンパ腫など特定の癌の細胞系統別腫瘍タンパク質を標的とする腫瘍識別療法を開発しています。  2016年に設立されたAffigenは、健康な組織にダメージを与えるリスクを最小限に抑えながら、癌特有の分子に対して強力な免疫反応を起こさせる精密設計を利用します。

過去30年間にわたる科学的研究では、このアプローチの測り知れない可能性が示されていますが、抗腫瘍活性を高め、治療への対応が大きく遅れている患者の安全も最大限に高める、この新たな治療法が商業的にも両立可能となったのはごく最近のことです。

Affigenのチームには、免疫腫瘍学やマスパーソナライゼーションによるバイオ分子工学の専門家が含まれており、腫瘍学、製造、薬事、ゲノム学、バイオインフォマティクス、臨床プログラム開発に豊富な経験を有しています。 Affigenは臨床への迅速な導入を念頭に治療法を開発し、米国のトップクラスの大学研究センターと緊密に連携しながら開発を進めています。