経営陣

Black Beret Life Sciences, LLC

Marc Steven Penn医学博士、FACC

CEO

Marc Penn(マーク・ペン)博士は Black Beret Life Sciences(テキサス州ヒューストン)の最高経営責任者(CEO)であり、Bosarge Family Office(ボサージ・ファミリー・オフィス)のライフサイエンス関連の投資を管理しています。  また、Tissue Genesis, LLC(ティシュー・ジェネシス、ハワイ州ホノルル)、Advanced Regen Medical Technologies, LLC(アドバンスト・リージェン・メディカル・テクノロジーズ、ニュージャージー州ニューアーク)、新たな代替糖 Sola(ソラ、テキサス州ヒューストン)、幹細胞治療センター Okyanos(オーキアノス、バハマ・フリーポート)で戦略を指揮しています。 同博士は心臓専門医であり、オハイオ州アクロンのスマ心血管研究所(Summa Cardiovascular Institute)で研究ディレクターを務める他、ノースイースト・オハイオ医科大学(Northeast Ohio Medical University)で医学部教授としてスカーボール心血管細胞治療研究所(Skirball Laboratory for Cardiovascular Cellular Therapeutics、オハイオ州ルーツタウン)を率いています。

詳細な経歴

Rajesh(R.K.)Khosla

COO

Rajesh (R.K.) Khosla(ラジェシュ・コースラ)は Black Beret Life Sciences, LLC最高執行責任者(COO)を務めています。 直近では、心房細動/心房粗動の治療のためのマルチチャネル遮断薬を開発する企業 Laguna Pharmaceuticals(ラグーナ・ファーマシューティカルズ、旧 ChanRx Corp.)最高経営責任者(CEO)を務め、後期第II相試験でかなりの成功を収め、第III相試験のために 3000万米ドルの資金を調達しました。 同時に、BioEnterprise Corp. (バイオエンタープライズ社)の客員最高経営責任者(CEO)を務め、オハイオ州北東部の経済に恩恵をもたらすため企業の成長加速化に貢献しました。 R.K.は以前、Cleveland Clinic Foundation(クリーヴランド・クリニック財団)の医用機器部門を法人化した PeriTec Biosciences Ltd.(ペリテック・バイオサイエンシズ社)最高経営責任者(CEO)を務めていました。

詳細な経歴

Eric Schaeffer

法律顧問

Eric Schaeffer(エリック・シェーファー)は、Black Beret Life Sciences, LLC 理事会法律顧問を務めています。 同氏は現在、Capital Technologies, Inc.,(キャピタル・テクノロジーズ社)及び Bosarge Family Office(ボサージ・ファミリー・オフィス)の社長兼法律顧問も務めています。 2010年に Bosarge Family Office に参加する以前には、会社及びパートナーシップ法、合併及び買収、不動産取引、資金調達取引、使用許諾取引、その他無数のビジネス取引の分野など、広範囲なビジネス法律業務を手掛けていました。 確立された企業顧客の弁護士を務めることに加え、同氏は特に起業家のニーズに応える術を心得ています。

詳細な経歴

Cathy Bartniski

コントローラー

Cathy Bartniski(キャシー・バートニスキー)は、世界中で事業を展開している多彩な業界でコントローラー及び会計士として経験を積んだ公認会計士であり、2016年10月に BBLS に加わりました。  多くの専門分野にわたる財務スキルにより、コントローラーとして財務戦略及び監督業務に携わ、BBLS チームに無類の貴重な戦力となっています。  同氏は、診断検査、航空宇宙、石油化学、エネルギー、ロジスティクス、技術インフラストラクチャーとセキュリティー、ベンチャーキャピタルなど、多岐にわたる業界でコントローラーとして研鑽を積みました。

詳細な経歴

Ed Bosarge

会長・創設者

病気を治療し、健康寿命を延ばす上で再生医療の力を情熱的に信じる W. E. "Ed" Bosarge は、多彩な研究開発努力を立ち上げ支援を行っています。 画期的なバイオテクノロジー技術革新への投資を目的とした Black Beret Life Sciences(ブラック ベレー ライフサイエンシズ)LLCを創設しました。 2014年以来、同社は癌、糖尿病、神経変性疾患、変形性関節症、加齢に関連するその他の疾患を対象とした再生医療に基づく治療法の研究に資金を提供してきました。

詳細な経歴